メンバーのpushからmasterを守れ!(概要編)

2021/10/08プログラミング

GitHubでメンバーのソース管理しているメンバー皆がmasterブランチの更新や削除ができるとまずいですよね。

そのために必要になるのがブランチの保護GitHubではブランチ保護ルールというのがあるみたいです。

プルリクエストでレビューの承認がされた場合のみマージする、といったルールを作成することができます。この作成したルールを満たすものだけがマージできるようになります。

作成したルールが適用されるブランチはワイルドカード(*)で指定できるので、「*release*/*」とすると「20210101-release-01/feature-001」のようなブランチを対象にすることができます。

なお、ブランチの保護は、Organizationのプライベートリポジトリで使う場合は有料プランになるので注意が必要です。

参考

保護されたブランチについて - GitHub Docs(https://docs.github.com/ja/repositories/configuring-branches-and-merges-in-your-repository/defining-the-mergeability-of-pull-requests/about-protected-branches