認定アドミニストレーター資格の更新 (Spring ’21)を完了しました!

Salesforce

はじめに

2022年4月22日までにTrailheadのモジュールを完了させる必要があります。

Spring '21 での認定アドミニストレーター資格の更新 単元 | Salesforce Trailhead
https://trailhead.salesforce.com/ja/content/learn/modules/administrator-certification-maintenance-spring-21/maintain-your-administrator-certification-for-spring21

モジュール内では以下の4つが紹介されています。

  • [メールを送信] アクションを使用したフローからのリッチテキストメールの送信 (Spring '21)
  • 標準ナビゲーションの分割ビューを使用したリストの簡単な操作 (Summer '20)
  • 変更された商談を一目で確認 (Winter '21)
  • 動的フォームでレコードの詳細を分割 (Winter '21)

ハンズオンは「動的フォーム」の作成です。

ハンズオン用カスタムオブジェクトのインストール

私の設定から「言語とタイムゾーン」の地域を「英語(アメリカ合衆国)」に変更して「保存」ボタンをクリックします。

Package IDに04t4x000000lxVE を入力して「Install」ボタンをクリックします。

「管理者のみのインストール」(デフォルト)を選択しインストールに同意するにチェックを入れて「インストール」ボタンをクリックします。

「完了」ボタンをクリックします。

動的フォームにアップグレードする

アプリケーションランチャーから「New Car Surveys」を選択します。

「Daren Martinez」のレコードを開きます。

歯車のアイコンから「編集ページ」をクリックします。

「詳細」タブ→「レコードの詳細」コンポーネント→「アップグレードに関するお問い合わせ」の順にクリックします。※Trailheadでは「今すぐアップグレード」と表示されていますが同じです。

「次へ」をクリックします。

ラジオボタンを選択し、「完了」ボタンをクリックします。

動的フォームへのアップデートが完了です。

動的フォームでレコードの詳細をカスタマイズ

「項目セレクション」をクリックし、「1個の列」に変更します。

項目「New Car Survey」を選択し、ゴミ箱アイコンをクリックします。

項目「4 Wheel Drive」を項目「Type」の下に移動します。

項目「4 Wheel Drive」を選択したまま、検索条件の追加→条件種別「詳細」→項目「選択」の順にクリックします。

レコード→Typeの順に選択して「完了」ボタンをクリックします。

演算子「等号」→値「SUV」を選択して「完了」ボタンをクリックします。

同じように操作して、レコードタイプが「Truck」と等しいという条件を追加します。

次の場合にコンポーネントを表示「いずれかの検索条件が該当する」を選択し、右上の「保存」ボタンをクリックします。

「有効」ボタンをクリックし、「組織のデフォルトとして割り当て」をクリックします。

「デスクトップおよび電話」を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

「保存」ボタンをクリックします。

矢印ボタンをクリックして、Lightningアプリケーションビルダーを終了します。


To complete this challenge, you need to install the managed package as instructed in the content, and use the same playground you used to complete the step-by-step instructions in the content.

  • In the Laptop Warranty custom object, upgrade the Record Detail of the newly added record to Dynamic Forms.
    • With the Information section in the Details tab selected, change the format to 1 column.
    • Move the Active Warranty field to above the Support Level field.
    • Add a condition to the Support Level field and Expiration Date field to only appear when the Active Warranty field is checked.
  • Activate and Assign as Org Default for Desktop and phone.
  • View a Laptop Warranty record to see your work.

このチャレンジを完了するために、ハンズオンのとおりパッケージをインストールして、そのplaygroundを使います。

  • カスタムオブジェクト「Laptop Warranties」で、「Keith Jones」のレコード詳細で動的フォームにアップグレードします。
    • 「詳細」タブの表示ラベル「Information」で、「1個の列」に変更します。
    • 「Active Warranty」を「Support Level」の上に移動します。
    • 「Support Level」と「Expiration Date」に、「Active Warranty」にチェックがついているときに現れるように、検索条件を追加します。
  • 有効化し、「組織のデフォルトとして割り当て」で「デスクトップと電話」にします。
  • 「Laptop Warranty」レコードを確認します。

エラーが発生した場合

Be sure to upgrade the Lightning page with Developer Name: Laptop_Warranty_Record_Page to use Dynamic Forms.

このようなエラーが発生した場合は、API参照名を「Laptop_Warranty_Record_Page」に変更して保存します。