幼児に歯磨きをしてもらうための工夫

子育て

子供を見ていて思うのが、新しい習慣を始めるのは難しいということ。

多少のインセンティブがあろうが嫌という気持ちは強烈で、なかなかうまくいかないことが多いです。

口の中に棒を突っ込んで、シャカシャカするというのが受け付けないみたい。

歯の定期検診で歯医者さんに相談したところ、子供用の歯磨き粉は多少飲み込んでも良いよと聞きました。その頃子供がバナナにハマっていたので歯磨き粉とは言わず、バナナ舐めるのどう?と促してみました。

バナナの誘惑に負けたのか、一度口に入れてくれました。

あ、これ、甘い!と思ったようで、それからは嫌がることはなくなりました。

さらにダメ押しで探してきたのがコレです。

僕がインプラントでお世話になった歯医者さんで見かけたのがキシリトール入りのチョコです。歯磨きの後に舐めることを推奨するという、歯磨きを嫌がる子供を持つ親にとっては夢のようなチョコがあったんです。

早速買って帰り、子供に伝えました。

「歯磨きできたら、このチョコあげるよ」

チョコ好きな子供はイチコロでした。

これ以降、歯磨きを嫌がることは無くなりました。

こういうアイテムがあるのは本当に助かります。