少額の株取引にSBIネオモバイル証券を使う

マネー

配当金生活したい

配当金生活って良いよな。少しずつ株買い増して、最初はお小遣い、次に家計の足しに、ゆくゆくは配当金という不労所得だけで生活できればもっと家族の時間が増えるなと夢見ている。

いま(2020年5月現在)は単元株が100株からなので、1つの銘柄を買おうとするとかなりまとまった金額が必要になることが多い。たとえば1株100円の銘柄なら10,000円が購入時に必要になる金額となる。

僕が中学生くらい(20年くらい前)だったころに初めて株に興味を持ったときは単元が1,000株とかがザラで、それに満たないものはミニ株とか言ってた(いまは言わないよね?)。そのころに比べれば大分買いやすくなったとはいえ、まだまだ高い。個別株を分散して買おうとすると庶民が右から左に動かせる金額を超えている。

それが、最近1株単位で買うことができる証券会社が出てきた。その1つがSBIネオモバイル証券だ。

SBIネオモバイル証券 口座開設

最大の特徴:月50万円以内の取引手数料がほぼ無料

株を買う金額が月50万円以内だと、月額220円(税込)で取引し放題というのが最大の特徴で魅力。ほかのネット証券だと10万までで1約定につき90円とかなんで、比べるとかなり安い。正確には約定金額が50万円だが、配当金目的で基本的に持ち続ける予定なので買うだけを考えている。ちなみに月額220円かかるが、Tポイントが200ポイント貰えるのでほぼタダで取引できる。もらったTポイントは株の購入にも使える。